自転車保険 おすすめ

MENU

おすすめの自転車保険は自分で見つけ出すのが一番安心!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

自転車に乗るならば自転車保険、これは常識。では、おすすめの自転車保険とは?

 

これは一概にいえないから難しいのです。

 

値段だけで選ぶならば、おすすめはあるのですが、ただ、それが万人向けかというと、そうとは言い切れないのです。

 

自転車での事故が大変な事態に!

いきなり私事で申し訳ないのですが、うちの子どもが春から自転車通学を始めたのです。

 

まあ、男子だけに少々のことは大丈夫だろうと思いつつも、やっぱり心配なもの。

 

車にはねられるといった事故の被害者になるケースはもちろん、逆に人を自転車ではねて加害者になるケースも考えられるのです。

 

被害者になった場合、通院や入院という金銭的リスクが大きくなるのですが、これはすでに加入している医療保険でカバー。

 

そう考えると、加害者になるケースが心配なのです。

 

自転車事故で色々調べていると、まあ色々起きているんですね。

 

子どもをはねて、数1,000万円の支払いを命じられたとかいうケース。

 

そんなことが起こってから、あわててもどうしようもありません。

 

ならば自転車保険に加入するという選択肢が出てくるのです。

 

おすすめの自転車保険=自分にあった自転車保険

さて、自転車保険で検索をかけると、多くの会社が販売していることに気がついて驚くのです。

 

そして、商品の特性も本当に様々。

 

例えば、保険料の安さで目立つのが、東京海上日動の「eサイクル保険」。

 

Cプランならば保険料は年間2,290円、これはありがたいのですが、よく見ると個人賠償責任は付いていない。

 

自転車で事故の被害者になった場合のみの自転車保険となっています。

 

これは、正直おすすめできない。

 

保険料は年間3,650円と少し上がりますが、個人賠償責任が1億円付いている、Bプランがおすすめとなるのです。

 

でもなあ、正直、本人が被害者になったときの死亡・後遺障害とか入院保障とかは要らないんだよなあ。

 

子どもの医療保険に加入している人は、多くの人がそう思うはず。

 

そんな場合のおすすめの自転車保険はないのでしょうか?

 

値段だけで選ぶ、おすすめの自転車保険とは

見ていくとあるんですね「TSマーク自転車保険」。

 

これは、自転車安全整備士の整備を受けた場合に貼り付けてもらえるステッカーが付いた自転車に付いてくる自転車保険。

 

ですから費用は整備代金のみ、1,000円程度が目安となるでしょう。

 

有効期限は1年間、個人賠償保険は5,000万円、死亡後遺障害は100万円となっています。

 

安心して自転車に乗りたいのならばプロによる整備は必要、それに自転車保険もついてくるならば耳寄りじゃないですか?

 

死亡後遺障害が薄いという意見もあるかもしれませんが、それは医療保険でカバーします。

 

だから、おすすめという風に思うのですが、いかがでしょうか。

 

でもねえ、この自転車保険。

 

よく調べてみると、すでに加入している自動車保険や火災保険に付帯していたりするんですよね。

 

改めて加入する必要はない、こんなケースも良くあるのです。

 

すでに加入している保険内容とか、保障内容とか。

 

様々な要素を比較して検討しないと、カンタンにおすすめはこれですとはいえないものなのです。

家族におすすめの自転車保険、注目点は保険料のみ?

家族におすすめの自転車保険、これは家族が加入してる他の保険との兼ね合いによって変わります。

 

他の保険の補償内容が充分ならば、自転車保険は保険料だけで選べば充分。

 

安ければ安いほどおすすめ、こういう考え方になるのです。

 

自転車保険は微妙な商品?!

そもそも、自転車保険とは微妙な商品です。

 

例えば自動車保険に加入していたとしましょう。

 

何も考えずに加入した自動車保険ならば、自転車に乗っているときの保障は特約で付いていたりする。

 

それも、家族全員分だったりするのです。

 

自動車保険だけではありません。

 

火災保険、持ち家に住んでいる人ならば、大抵加入しているはずなのですが、これにも自転車保険が付いていたりする。

 

これも、家族全員分だったりするのです。

 

ですから、頻繁に自転車に乗る様になったから自転車保険に加入する。

 

この考えは間違っていないのですが、すでに自分が加入している損害保険の内容をチェックする必要があるのです。

 

例えば保険料だけで考える方法

さて、損害保険をチェックした結果、自転車保険に加入する必要があるという結論になった、それも、家族分。

 

そんな場合におすすめは?といっても、今度は生命保険や医療保険との兼ね合いになりますから何とも、、、そんな風に考えざるを得ません。

 

生命保険や医療保険に加入しているならば、重視すべきは個人賠償補償のみ。

 

歩行者に危害を加えてしまった場合などの補償額と補償するケース、対人だけでなく対物も対象なのかをチェックなのです。

 

生命保険や医療保険があれば、自分が自転車に乗っていて入院したり、通院したりした場合の補償は薄くてもいい。

 

そう割り切る必要があるでしょう。

 

ただ医療保険に加入していないなら、通院や入院保障は必須。

 

自転車でのケガは非常に重くなるケースが多いことを忘れてはいけません。

 

他の保険との兼ね合いが大切

通院や入院補償は不要、そんな風に考えるならば、後は保険料で考えればいいでしょう。

 

安ければ安いほど、おすすめになります。

 

例えばセブンイレブンの「自転車向け保険」家族向け、これは月々の保険料は601円。

 

これで、個人賠償補償は最高で3億円、入院日額の補償も4,000円/月付いてきます。

 

また、NTTドコモの「ドコモサイクル保険」家族向け、これは月々の保険料は980円。

 

個人賠償補償は2億円、入院日額の補償も3,000円/月も、おすすめなのです。

 

セブンとドコモの自動車保険、補償内容以外に何が違うのか?

 

セブンは自転車乗車中のみ、ドコモは交通事故全般と、補償対象が違うのです。

 

ですから、他の保険で内容を補うことができるのならば、自転車乗車中のみに内容を絞ったセブンがおすすめとなってきます。

 

自転車保険のおすすめ、これを考える場合には、他に加入している保険の内容を踏まえる必要があります。

 

だから、カンタンにこれがおすすめという判断はできないのです。

 

ただ、家族でまとめて入ると金額的にはお得になることは分かったのでこちらの記事にまとめています。

 

→ 自転車保険は家族で加入するのと金額が得になる!

「安い」に絞ると、自転車保険のおすすめは何か?

自転車保険に手厚い補償は不要、こんな風に割り切るのなら「安い」という一点に注目して選ぶのも手でしょう。

 

おすすめの自転車保険は色々あるのですが。

 

本当のおすすめは、すでに加入している保険の特約でカバーする方法。安い上に、有能だったりするのです。

 

自転車保険では安いというのも重要

自転車保険を検討するならば、安いというのは非常に大きなポイントとなります。

 

なぜなら、大抵のケースで他に加入している保険と補償内容が重複するから。

 

自身が被るであろうケガなどは、医療保険でカバーできたりするものです。

 

すると、自転車保険で考えるべきは、相手に与えるであろう損害の補償。

 

これも、火災保険や自動車保険の特約でカバーすることができたりします。

 

特約で補うか、自転車保険だけで考えるか、そうなると安いというのが重要になるのです。

 

安いというポイントでおすすめは何?

自転車だけに特化した保険でおすすめは、「TSマーク自転車保険」。

 

これは年に1回、自転車安全整備士による整備を受けることで付いてくる自転車保険。

 

自転車の整備費用だけで自転車保険に加入することができますから、非常にコストが安いという点がおすすめ。

 

そして、保険の対象は整備を受けた自転車に乗る人になりますから、家族全員分をカバーできるのもおすすめな点。

 

車検に置ける自賠責保険のようなスタンスの自転車保険です。

 

これで、個人の賠償保険は5,000万円になっていますから、まあ大抵のケースでは対応が可能。

 

死亡後遺障害のついては100万円と補償が薄いのが気になりますが、それは医療保険でカバーするという考え方です。

 

また、コンビニで加入できる自転車保険も安さという点では、おすすめのもの。

 

セブンイレブンの「自転車向け保険」の保険料は月々600円程度と安い。

 

これで個人賠償保険は3億円、この額はカバーできないケースがちょっと思い浮かばないほどの手厚さ。

 

加えて入院の日額の補償まで付いてきますから、これもおすすめといえるでしょう。

 

医療保険に加入していない子ども限定で。

 

そんな風に考えることができる、おすすめの自転車保険です。

 

すでに加入している保険の特約をチェック

後は自動車保険や火災保険の特約を見直すという方法、本当は費用面では、これが一番オススメなのです。

 

これだと、月々数100円程度の保険料のプラスで、家族分全てをカバーできたりするのです。

 

いったん加入してしまうと、自動車保険や火災保険の内容を全くチェックしなくなる、こんなことはよくあるもの。

 

何かが起こったあとで、補償内容を確認して頭を抱える。

 

これでは遅いのです。

 

ですから、自転車保険を検討するのはいい機会ですから、改めて、自分が加入している保険の内容をチェックする。

 

これは安い自転車保険に加入するよりも、よっぽどおすすめの方法だったりするのです。

 

保険は安心を買うことだ、こんなことはよくいわれます。

 

でも、肝心の安心の内容を把握していないのは、あまりいただけませんからね。

ロードバイの自転車保険おすすめは手厚い補償のもの

いったん事故が起こると重篤な事態になりがちなロードバイク、それだけにおすすめの自転車保険は、補償内容が厚いものとなります。

 

個人賠償保険も入院・通院保険も手厚い自転車保険がおすすめ。

 

それだけロードバイクは危険な乗り物なのです。

 

ロードバイク、楽しい乗り物です

ロードバイクの爽快感、これは乗ったことがない人には絶対にわからないもの。

 

バイクやライトウエイト系のスポーツカーの愛好家がよく口にする、人馬一体なんて言葉。

 

ロードバイクの愛好家にとっては白々しくてしょうがない言葉でしょう。

 

人馬一体、あれはロードバイクのためにあるもの。

 

思いのままに運転ができるという点で、ロードバイクほど優れた乗り物はそうありません。

 

しかしロードバイクはスピードが出るという点で、非常に危険な乗り物。

 

重量がない分、簡単に安定感を失いますし、いったん事故を起こすと、簡単に命も失います。

 

そこで、ロードバイクに乗るのならば、おすすめというか、自転車保険に加入するのが必須なのです。

 

相手と自身への補償額が高いものがおすすめ

ロードバイクに乗るのならば自転車保険に加入すべし、なのは常識として。

 

ならば、おすすめの自転車保険となると、これは一概にはいえません。

 

なぜなら、それぞれがすでに加入している自動車保険や火災保険、更にはクレジットカードの特典など。

 

これで、自転車の事故がカバーできたりするからです。

 

ロードバイクに乗るからといって、改めて自転車保険に加入するまでもない。

 

人によってはそんなケースもあるでしょうから、一概にこれがおすすめですとはいえないのです。

 

しかし、ロードバイクに乗る場合におすすめするポイントはあるのです。

 

それは、相手への補償額が手厚いもの。

 

スピードが出るということは、相手をはねてしまった場合に重篤な問題が起こりうるということ。

 

過去に自転車で引き起こされた交通事故の賠償額、最高では9,500万円というのがありました。

 

そう考えると、ロードバイクに乗る人の対人対物の補償額は最低でも5,000万円は欲しいところ。

 

1億円程度のものがおすすめということになりそうです。

 

次におすすめは傷害補償が手厚いもの。

 

もちろん、生命保険や医療保険でカバーできる内容ではあるのですが、それらに加入していない場合。

 

ロードバイクでの転倒は、本当に大事故につながります。

 

通院や入院補償が手厚いものがおすすめになります。

 

まずは事故を起こさない!

まあ、ロードバイクといえども事故さえ起こさなければ、あんな楽しい乗り物もないわけで。

 

万が一の心配もなく楽しむためにも自転車保険への加入と内容の吟味は必須となります。

 

そしてヘルメットやグローブ、加えて派手なウェア、それと充分すぎるほどの整備。

 

これらは、事故を起こさないためにも必須のもの。

 

安全に安心にロードバイクを楽しむために、絶対に忘れないようにして下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポーツ保険の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

↓の記事も読むと、自転車保険について更に詳しく知れます。

 

家族で加入したほうが、料金が特になる自転車保険。しかし、加入を検討する前に本当に自転車保険が必要かどうかの検討が重要となります。すでに加入している医療保険や自動車保険、これらの補償内容をよく確認する必要があるのです。自転車保険を検討、その前に例えば子どもが進学を機に自転車を使うようになったとか、趣味でロードバイクを始めたとか。自転車保険のことを意識するのはこんなケース。「ならば、自動車保険に加入す...

 
 

auが販売している自転車保険は3種類、中でも注目は高齢者向けの「Bycle S」です。特長は料金が低めにも関わらず、補償内容が充実している点。他にもau自転車保険はのauユーザーでなくても、加入すべきメリットは多数あるのです。auの携帯電話を利用していなくてもauに加入している人に、携帯電話のキャリアが自転車保険の販売をしている?ならば、auユーザーならば何かメリットがあるのか?auユーザーがau...

 
 

日本有数の損保会社、損保ジャパン日本興亜にも、もちろん自転車保険は用意されています。しかし、損保ジャパン日本興亜の自転車保険ならではの特長は薄いもの。それだけ見ていると、そんなにメリットを感じるものではないのです。日本を代表する損保会社の自転車保険損保ジャパン日本興亜、合併が進む保険業界、何だか名前がよくわからないことになっています。安田火災海上保険と日産火災海上保険が合併、それに大成火災海上保険...

 
 

コンビニで自転車保険を販売している、そんな話を聞くと時代は変わったなと実感するのです。これでコンビニの利便性が益々向上、販売されている自転車保険もしっかりしたものなのです。何でもコンビニで済ませられる、そんな時代になったのですね。またもや利便性を向上させたコンビニ少し前ならば保険に加入するとなると、代理店を通すという選択肢しかありませんでした。そして会社こそ違えど補償内容は大差ない、そんな時代が長...

 
 

子どもの安心・安全のために自転車保険を検討する。これ自体は間違いではないのですが、注意すべき点は自転車保険の補償範囲が重複してるか・いないかのチェックです。親の保険で子どもの補償もカバーできる、こんなケースならば子どもの自転車保険は不要です。重大な事故につながりがちな自転車だから子どもが進学して、自転車を通学の足として使うようになった。こんなケースで検討すべきなのが自転車保険。何しろ、徒歩で移動す...

 
 

楽天市場で買い物をすると、スーパーポイントがついてくる!こんな特典をそのまま受けられるのが、楽天の自転車保険です。他にも手頃な保険料や選べる多彩なコースなど、楽天の自転車保険の魅力は大きいもの。楽天の会員でなくても、一度ご検討をおすすめします。楽天のユーザーなら大メリット欲しい商品の価格とか、スペックとか、本当に望んでいる情報までにたどり着くのに時間がかかる、そんな楽天のモール。あまり使い勝手が良...

 
 

サイクルベースあさひで販売している自転車保険は複数あり、多様なニーズに対応できるようになっています。自転車保険もさすが専門店、そんなふうに感じるサイクルベースあさひ。だからこそ、脅威の成長率で日本一のチェーンとなったのでしょう。日本最大の自転車販売チェーン、あさひ自転車は自転車店で、こんな時代が過ぎてずいぶんたちます。今やどんなところにでも自転車は売っている時代。ショッピングモールやホームセンター...

 
 

自転車保険に加入するなら、大きな会社で。そんな理由で、あいおいニッセイを選ぶのは良くある話です。あいおいニッセイの自転車保険、安心できるでしょうし、補償内容も充分なもの、しかし大きな問題点があるのも事実なのです。大きい会社の方が、自転車保険も安心?あいおいニッセイ同和損害保険、、、保険業界の合併の動きは激しいですね。あいおいニッセイと略されることが多い、この損保会社も数々の合併をヘて現在の形になり...

 
 

アクサには単品で加入できる自転車保険はありません。アクサの自動車保険の特約として、自転車保険的な内容もカバーする方法を採っています。ですから自転車保険を考えると同時に、自動車保険も検討してみる、そんな選び方になるでしょう。アクサならではの営業努力保険業の規制が緩和され、海外資本の参入も可能になったある日、私の家の近所にアクサのビルが立ちました。田んぼ以外に何もない所に、建ったアクサの巨大なビル。話...

 
 

医療保険を中心に取り扱っているアフラックですから、自転車保険は商品のラインナップに含まれていません。ですから現在アフラックに加入している人ならば、個人賠償責任の面を他社の自転車保険で補う、そんな必要性がでてくるのです。医療保険が中心のアフラックアヒルが登場するCMで、高い認知度を持つアフラックは、アメリカに本拠地を持つ会社。本国でも医療保険を中心に販売、高いシェアと認知度を持っています。公的医療保...

 
 

AIUには、そのものズバリの自転車保険はありません。しかし、普通傷害保険と青年アクティブライフ保険、この2つが自転車保険的内容を満たしています。他のアクシデントもカバーしているだけに保険料は高めとなっていますから、注意が必要です。自転車保険を検討する前にチェックすべきこと自転車保険は、何に注目して選ぶべきか。それは事故が起きてしまったときの、自分と相手に対する補償の内容です。死亡・後遺障害保険金や...

 
 

ロードサービスなど付帯サービスで高い評判を得るauの自転車保険。その一方で、保険料が高すぎるとの評判も聞くのです。ただ、auならではの自転車保険のセールスポイントは多いもの。比較検討する価値はある自転車保険なのです。au損保を立ち上げ、自転車保険を販売中異業種から保険の販売業へ参入する動きが、盛んになっています。例えば大手の携帯電話キャリアauもその一つ。損害保険会社のau損保を立ち上げて、レジャ...

 
 

老舗の損保会社、朝日火災の自転車保険、WEB限定のプランは低保険料で充分な補償。非常におすすめできる内容です。WEBで評判がいい他の自転車保険と比較しても、朝日火災の商品は上回る。そう言い切ってもいいほどのものなのです。高い評判の、DeNAの自転車保険DeNAの自転車保険は非常によいと評判になっています。では、どんな内容なのか?以下に見ていきましょう。保険料は基本コースで年間3,600円と、非常に...

 
 

イオンショッピングモールに店舗を展開するイオン保険マーケット。そのメリットは、複数の自転車保険を比較、検討しながら選ぶことができる点。お得なWEB限定の自転車保険も、店舗でコンサルティングを受けながら、加入することができるのです。店舗での販売が普通になった保険保険は保険会社の外交員、それも女性から加入するもの、こんな風潮がずいぶん長い間続きました。昭和の時代には「ニッセイのおばちゃん自転車で♪」と...

 
 

自転車保険で重要なのは個人賠償責任、これが充分なものならばいくらで加入できるのか?これは、保険金をいくらにするかで変わってくるのですが、例えば1億円と考える。すると、2,000円の保険料で、適当な自転車保険に加入できるのです。自転車保険で重視すべきは、個人賠償責任高ければいいものが手に入る、これは世の中のものの大原則、自転車保険も例外ではありません。しかし、いらない補償が付いていて値段が高いという...

 
 

一番安い自転車保険といえば「TSマーク」、一番安いというだけで充分なセールスポイントです。確かに補償内容は不充分、しかし他の保険と併用することを前提にするならば非常に優れた自転車保険、安全のためのお守り的な存在です。一番安い自転車保険とは何?自転車保険は何に着目して選ぶのか?もちろん、補償内容と保険料のバランスです。しかし、安ければ安いほどありがたいのが保険料、一番安い自転車保険とは何でしょうか?...

 
 

イオンカードは会員特典の一環として自転車保険を用意していますが、内容は正直、今一つといった具合。保険料が安いというメリットがあるものの、肝心の補償が物足りない。個人的な意見ですが、自転車保険だけで考えると、イオンカードを利用する意味は薄い気がします。イオンカード会員特典の自転車保険とは?世の中には多種多様なクレジットカードが存在しており、それぞれがユーザーの囲い込みに必死です。ですから、それぞれが...

 
 

自転車販売チェーン「イオンバイク」、オリジナルの自転車保険は、割引などとセットになったもの。しかし自転車保険としてだけ見ても、なかなか優秀なものになっています。イオンバイクで自転車を購入するなら、ぜひ検討したいものです。巨大流通グループに属するイオンバイク国内外300社以上の企業により構成される流通大手、イオングループ。そのグループに属する自転車専門店が「イオンバイク」で全国に約600の店舗を展開...

 
 

いつから自転車保険に加入するのが適当か?それは自転車に乗るようになったらすぐ。自転車保険の加入が義務付けられている自治体でも、とくにいつからという年齢の線引きは行っていないのです。そして、加入すべきは自転車保険だけでなかったりもするのです。地方自治体で進む、自転車保険加入の義務付け自転車の事故で、9,000万円を超える高額の賠償金が請求されたのが平成20年のこと。ああ、そうですかと、ポンと1億円弱...

 
 

WEB専業のイーデザイン損保は、非常に好評を得ているのです。しかし、自転車保険がラインナップされていない上に、自動車保険の特約では不十分となっています。自転車保険を検討するなら、イーデザイン損保は、あまりおすすめできません。自動車保険に特化した、イーデザイン保険ショッピングモールにあるテナントだったり、銀行などの金融機だったり。少し前までは、考えられなかったようなところで、保険が販売されてるように...

 
 

東海地方で多く見かける、アピタやピアゴといったスーパーのUCSカード。会員特典の自転車保険は個人賠償責任が最高で3億円と非常に手厚いものとなっています。それでいて保険料が手軽なのもUCSカードの自転車保険、なかなか充実しているのです。ユニーといえばUCSカードなのです地元のスーパーといえば?この質問は、非常に地域性が出て面白いもの。関東ならばイトーヨーカドー、関西ならダイエー、最近ならイオン、中国...

 
 

UCカードも会員向けに各種保険を販売しており、中には自転車保険としても使えるものも用意されています。それがUCファミリー交通傷害保険、ただし補償内容は平凡。自転車保険の加入のためにカードに加入する必要までは感じないのです。銀行系老舗クレジットカード会社、UC発行元によって流通系と銀行系に大別されるクレジットカード。ネットに強みを持つことで近年、幅を利かせている楽天カードは流通系のクレジットカード。...

 
 

うつ病の治療のために自転車は良いとされています。ならば必要となるのが自転車保険、しかしうつ病が自転車保険の加入を妨げるケースはよくあります。そのためにはうつ病でも加入できるものを探すこと。加入条件には注意して目を通しましょう。自転車とうつ病、実は好相性の取り合わせうつ病は患者数が300万人を超えるという、非常にポピュラーな精神疾患、よく心が風邪をひく、なんていわれますね。就業が難しいどころか日常生...

 
 

三菱UFJニコスのクレジットカードに加入すると、自転車保険など様々な損害保険に低価格で加入することができます。しかし、三菱UFJニコスの自転車保険、内容として飛び抜けたようなところはないもの。他の自転車保険と比較した上で考えましょう。UFJニコスのカードなら、自転車保険もお得に顧客の囲い込み、そんな目論見があってのことでしょう。流通業界を中心に様々なクレジットカードが発行されており、世の中は飽和状...

 
 

近年、「チャブ」と名前を変えたエース損害保険会社ですが、自転車保険のジャンルでは特に変化は見られません。旧エースの商品は自転車保険単独で見た場合の魅力は薄いもの。しかし損害保険として見た場合はどうでしょうか?以下にみていきましょう。長い歴史を持つ、旧エース損害保険日本に進出した外資系の保険会社として、最長の歴史を持つエース損害保険。長年、傷害保険や火災保険などを販売してきたのですが、昨年、親会社が...

 
 

数ある自転車保険の選び方は、その補償内容に注目することです。しかし、その前に自転車保険に加入する前に、すでに加入している他の保険の内容をチェックしなければなりません。選び方の前に、自分の保険内容を把握することが大切なのです。数々ある自転車保険、その選び方とは?超有名な損保会社から、あまり耳なじみのない会社、携帯のキャリアから、コンビニまで。様々な自転車保険が販売されていますが、選び方はどうすればい...

 
 

エポスカードを日常的に使用している人ならば、エポスカードの自転車保険に加入するメリットはあるのでしょう。しかし、それ以外で、ことさらにこの自転車保険に加入するメリットはありません。あくまでも会員へのサービスの一環と考えるべき保険なのです。あの丸井のカード、現在はエポスカードですバブル華やかなりしころ、ローンといえば赤いカード・丸井のクレジット。丸井のテナントで分不相応な服を買う、支払いは丸井のクレ...

 
 

東京海上日動の自転車保険「eサイクル」は補償が充実しています。しかし、大切なのは保険料と補償の内容のバランス。これを考えると、eサイクルは完璧とはいいづらい自転車保険となっているもの。加入済みの保険内容を考慮したうえでの加入が必要になるかなと。所得保障をメインとした「eサイクル」東京海上日動火災、、、業界再編が進んだ結果、社名がエライことになっていますね、銀行もそうですが。経営母体が大きくなれば、...

 
 

自転車保険で重要視すべきは、責任賠償補償。これが一定金額以上で保険料が安い。そんなお得な自転車保険も、探すと色々あるものです。しかし、そのお得感も人によって違うもの。何を重視するかで、選ぶべき自転車保険も変わってくるのです。責任賠償補償と保険料からお得を探る自転車保険で最も重要視すべきは、事故を起こしてしまった場合の相手への補償、責任賠償補償です。「自転車事故で、1億円近い賠償を求める判決が出た」...

 
 

自転車保険の加入の前にするべきことは、すでに加入している他の保険の内容のチェックです。なぜなら、それらのオプションで充分に自転車保険の内容をカバーできるケースがあるから。わずかな料金でオプションに加入できたりしますので、まず確認してみるのが良いかもしれません。自転車保険の検討の前にするべきこととは?自転車保険で大切にしなくてはいけない点は、常々いっている通り事故の相手に対する補償。相手にケガ、最悪...

 
 

業務拡大を続けるオリックスでも自転車保険に加入することはできます。しかし、それは大手損保を販売しているだけ。オリックスをわざわざ通して、自転車保険に加入するメリットも、あまり見えないのですが、いかがでしょうか?リースから営業分野を広げるオリックス一般には、あまり馴染みのない企業が知名度を一気に上げるには?正解はプロ野球チームを買収すること、その成功例は最近ならばDeNA、ちょっと昔なら何と言っても...

 
 

自転車保険はどうやって選べばよいのか?正直正解はないものです。例えば、格安という点だけに注目して自転車保険を選ぶ。こんな方法も、間違っているとは必ずしも言えないもの。格安のものでも、充分な補償内容を備えていたりするのです。格安という点だけを考えての自転車保険選び何が最適な自転車保険なのか?これに対する答えはありません。なぜなら、保険に加入する人の経済状態もまちまち、保険料にしても何を高いと感じるか...

 
 

自転車保険の補償内容をチェックする。そして必要な補償が入っているならば価格が高くなるのはしょうがありません。注意するべきは、不必要な補償が入っていて価格が高いケース。これではムダな自転車保険に加入しているのと同じことになるのです。どこまでの補償を必要と考えるかがポイント「安物買いの銭失い」とか「安かろう、悪かろう」とか。そんな言葉でも明らかな通り、価格の安いものは価格なり。もっというと、あまりよく...

 
 

火災保険にすでに加入しているならば、自転車保険に改めて加入する必要はない。そんなケースはよくあるもの。なぜなら自転車保険で重要視すべき、個人賠償責任補償。これを火災保険の特約で安価に付けることができるからなのです。もしも新築の家に住んでいるならば?新築の家をローンで建てるというケースでは、火災保険に加入することが条件となってきます。金融機関は担保もなしに融資はしてくれない、当然ながらその担保には新...

 
 

自転車保険というと、大手の損保会社が販売しているものに目が向きがちですが、意外と優秀なのが共済の自転車保険。例えば、大阪市民共済なら補償内容も充実している上に、経済的な負担は軽い。こんな理想的な、自転車保険もあるのです。例えば、大阪市民共済の場合平成27年の自転車事故の死者数が50人を突破した!そんな事態を重く見た大阪府は、遂に平成28年から大阪府自転車条例を制定。自転車保険への加入を義務化しまし...

 
 

インターネットで保険を販売している会社は、キャンペーンをダシに勧誘しているイメージですが、自転車保険となるとその印象は薄れます。なぜなら、自転車保険はキャンペーンを使うほど旨味がない商品だから。そしてキャンペーンに左右されるべきでもないと、私は思っています。代理店へのキックバックなどの事情自転車保険の話から、ちょっとだけ外れて自動車保険の話です。自動車を購入するとディーラーや中古車店から、非常に熱...

 
 

共栄火災の自動車保険に加入しているならば、特約で自転車保険の内容を充分にカバーできます。中でも個人賠償責任補償だけに絞るならば、共栄火災のものは特に魅力的。他に自転車保険で必要になるのは、車両保険ぐらいでしょうか。自転車保険に加入する際のチェックポイント健康のためにロードバイクを購入したから、自転車保険にも加入するか。そんな風に思ったならば、加入の前に考えるべきことがいくつかあるもの。まず、どんな...

 
 

クレジットカードの特典として用意されている、自転車保険。この内容は様々で、見るべきものがないものもあれば、非常にお得なものもあるのです。自転車保険の加入前には、クレジットカードの特典のものも要チェックなのです。クレジットカード界、実は激震中なのです世の中には色々なマニアがいるものだと感心するのですが、最近、クレジットカードにもマニアがいることを知ったのです。クレジットカードを使用した際のポイントや...

 
 

自転車保険の口コミには様々なものがありますが、それに頼ってはいられないのが自転車保険。なぜならば、加入する人の条件や希望によって、向いているもの様々だから。口コミだけが絶対ではないのが自転車保険なのです。色々あります、自転車保険の口コミどこの自転車保険がいいですよ的な口コミのサイトは数多くあります。例えばDeNAだったり、JCBだったり、サイクルベースあさひだったり。評判の良い自転車保険は、サイト...

 
 

自転車保険の検討をしているのならば、車の保険の特約をチェックする、これはもう常識です。加えて、車の保険自体を見直してみるにも良い機会。自転車保険だけを検討するのではなく、一緒に加入している保険内容を見直してみましょう。車の保険の特約で自転車保険をカバー生命、医療、損害、火災など、いつかのジャンルに大別される保険商品。自転車保険がカテゴライズされるのは車の保険と同様、損害保険。ですから、車の保険にオ...

 
 

事故を起こしやすいとされるクロスバイク、自転車保険に加入するのは当然のこと。加えて、高価な車両本体を補償する自転車保険にも加入したくなるもの。そこで「みんなのスポーツサイクル保険」、クロスバイク乗りには要検討な自転車保険なのです。自転車を趣味にするなら、まずクロスバイクロードバイクは非常に軽量で、スピードも出やすく快適な自転車なのです。しかし、タイヤがパンクしやすいとか、少しでも悪路になると走行性...

 
 

車に傷をつけてしまった、こんなアクシデントも自転車保険があれば安心です。しかし、手はずをまちがえると、自転車保険が降りないというケースもあるもの。自転車保険に加入している保険会社の連絡先はメモしておきたいものですね。個人賠償責任は、車に傷などのケースでも有効自転車保険で重要視すべきは、個人賠償責任保険。誰かを自転車ではねてしまった、こんなケースに対応してくれる保険です。ケガを負わせた、障がいを負わ...

 
 

自転車保険に加入する、その際の窓口を区役所など公的な機関にするという動きは東京でも広まっています。区役所で募集している自転車保険だから、間違いがない!そう思いたいのですが、実態はどうなのか?窓口を公的機関にするという動き自転車で坂を下っていた小学生が、散歩中の女性と衝突事故を起こしてしまった。ここまでならよくある自転車事故なのかもしれませんが、女性は打ちどころが悪かったのでしょう。その後、意識が戻...

 
 

事故の相手と自分の怪我を補償する、これが自転車保険の役割なのですが、保険の内容を吟味して、どちらの怪我の補償を重視するかを決める。これが自転車保険を選ぶこと。その際には、すでに加入している保険の内容の確認を忘れずに。相手と自分の怪我を補償する自転車保険自転車保険は主に2つの側面を持っています。まず、相手を自転車などで怪我など損害を負わせてしまった場合の保険、そして自分が自転車などで怪我をした場合の...

 
 

自転車保険それだけでは、携行品の補償はありません。携行品を補償してほしいなら、それ用の保険に加入する必要がある、そして携行品についても細かな決まりがあるのです。自転車保険とあわせて加入すれば安心感は増すものではありますが、考えどころです。自転車保険で、携行品も補償できる?自転車の事故で、相手の持ち物に損害を与えてしまった。そんな場合には、自転車保険の個人賠償責任補償で対応するのが一般的。例えば高額...

 
 

自転車保険も、車の保険と同様に様々なプランがあり、受けられる補償内容も異なります。ここでは、県民共済の自転車保険にフォーカス!民間の保険と比べてどんな違いがあり、どんな点に注意して選び分ければ良いのでしょうか。兵庫県民共済を例に、その内容を見ていってみましょう。自転車が通行人にケガをさせるケースも多く、自転車保険の加入を義務化する県も出てきている昨今。自転車保険にも様々な商品がありますが、県民共済...

 
 

自転車の死亡事故も多いみたいだし、万が一に備えて自転車保険に加入したい。でも保険って手続きが面倒なんだよね~・・・なんて言っているアナタ!自転車保険は携帯電話で簡単に申し込める商品もあり、しかも月々の支払も携帯の料金と合算することが可能です。気になるその補償内容をチェック!ドコモ、ソフトバンク、AU。実はどこの携帯会社を使っていても自転車保険に加入できます!それぞれ、何が違うのか?詳しい中身を見て...

 
 

高齢者が車を運転するのは危ない。ならば自転車なら大丈夫だろう!・・・って、その油断は危険です!高齢者の自転車運転は実は危険だらけ。万が一に備えて自転車保険への加入は必須と言っても過言ではないでしょう。ここでは高齢者でも加入できるオススメの自転車保険をピックアップしました。自転車に乗っていて、フラついて転倒して骨折。ハンドルを操りきれなくて歩行者に接触してケガをさせる。どちらもあり得ることだからこそ...

 
 

生命保険に加入していると税金が軽減されるというのはわりとメジャーな制度ですよね。では、最近加入者が増えている自転車保険はどうでしょうか。生命保険と同じく「保険」ですから、当然、控除が受けられるのでは?実際はどうなのか、自転車保険の控除について調べてみました。生命保険の保険料って、月々の支払いは数千円だったとしても1年分をまとめてみると結構な金額になりますよね。その分だけ税金を軽くしてただけるのはと...

 
 

自転車といえば高校生。といっても過言ではないほど、自転車との結びつきが強いお年頃。当然、事故も多くなります。親としては自転車保険に加入しておくと安心ですが、高校生に特化した自転車保険はあるのでしょうか?スポーツによるケガも心配だけど、自転車で命に関わるケガをするのはもっと心配!自分の子供が加害者側になって人の命を奪ってしまう可能性だってあるわけですから、親は気が気ではありません。強制ではありません...

 
 

車やバイク以上にカンタンに持っていける自転車。ゆえに、盗難対策は必須です。とりわけ高額なロードバイクに特化した保険「みんなのスポーツサイクル保険」とはどんな保険なんでしょうか?他の保険と比較した場合の特筆すべき特徴は?サイクリストたちはどう評価しているのか。今回は、みんなのスポーツサイクル保険の特徴や評判を調べてみて分かったことをまとめてみます。1台数千円の普通の自転車とは違って、ロードバイクなど...

 
 

自転車保険を選ぶポイントとして外せないのが、個人賠償責任がついているかどうか、そしてその補償金額。でも、具体的にどのようなことを補償してくれるサービスで、保険金はいくらおりてくるの?意外と知らない自転車保険の個人賠償責任について調べてみました。そもそも、個人賠償責任とはなんなのか。自転車の事故でこの補償が使えるのはどんなケースなのか、確認していきましょう!そもそも個人賠償責任とは?例えば、自転車に...

 
 

自転車事故で多額の賠償責任を負うケースも多くなっている今、自転車保険を義務化する動きも出てきています。自転車保険には様々な種類がありますが、コープ共済の保険なら月140円の支払いで最高3億円まで補償されるとか!「家族みんなを守れる」と好評のコープ共済に注目してみましした。ママ友が集まると、「うちはコープ共済に入っているよ」という話もよく出るのですが、そもそも共済とはどのような仕組みなのでしょうか。...

 
 

自転車事故で加害者になってしまうケースも多い昨今。入ったほうがいいんだよね~・・・、でもどうしよっかな?と迷っているなら、購入時に入っておくことをオススメします。時期を問わず加入できる自転車保険もありますが、購入時に入っておけば「あの時、入ればよかった」と後味の悪い悔いを残すこともありません。自転車保険、いつ入るか?今でしょ!というわけで、確実に乗るために買ったわけですから購入時に入っておくのが正...

 
 

万が一のために備えておきたい自転車保険。でも、その“万が一”があっても自動車の事故ほど深刻なことにはならないだろうという油断から加入していない方も多いようです。しかし、ものすご~くお安い保険があったら入ってみようかなと思っていたりもするのでは?ここでは、「最安」の自転車保険を探してみました!最安だと、1ヶ月あたりの保険料はどのくらいになるんでしょうか?自転車保険は色んな種類がありますが、手厚い保険...

 
 

「自転車を買うなら、やっぱりココでしょ!」とサイクリストの信頼を集めるサイクルベースあさひ。自転車の専門店ということで、自転車保険も特別なプランがあるに違いありません!具体的にどんな点が優れているのか?サイクルベースあさひの自転車保険に注目してみましょう。自転車のことをよくわかっている専門店だからこそ、自転車事故の怖さもよ〜く知っているはず!備えるべき部分をしっかりフォローしてくれる自転車保険、あ...

 
 

埼玉県では、2018年4月1日から自転車保険への加入が義務化されました。これを受けて、埼玉県内で自転車を運転する場合は必ず保険に入らなければいけないということになりましたが、今加入している保険でもカバーできるかもしれません。例えば、埼玉県民共済にも自転車保険のオプションがあったりするのでしょうか?埼玉県民共済は、その名の通り、埼玉県民に特化した保険。関東で初めて自転車保険が義務化されたことで、なに...

 
 

小学生が自転車の運転中に他者にケガをさせ、高額な賠償責任を負ったという事例は強烈なインパクトを与えました。「うちも、他人事ではない」と自転車保険に加入する方、加入を義務化する自治体も増えていますが、小学生にはどんな自転車保険が良いのでしょうか?オススメをチェックしてきましょう。あれば便利な自転車も、状況次第では凶器になります。自分がケガをした場合はもちろんのこと、他者を傷つけてしまった場合のことも...

 
 

「保険」といっても、何に対して備えるかで内容も様々。そのうち、「傷害保険」とはどのような状況に備えられる保険なのでしょうか。入っていれば自転車保険としても活用できるのか、それとも併用して加入するのが良いのか?今回は、自転車保険と傷害保険の関係について調べてみました。「傷害」とは、主には人にケガをさせることを意味しています。ということは、自転車で人にぶつかってケガをさせた時にも使えるということ?そも...

 
 

自転車事故でも1億円近い賠償責任を請求される時代。「エンジン積んでるわけじゃないし、たかが知れているだろう」と軽く考えるのは危険です。自転車保険への加入を義務付ける自治体も出てきていますが、いわゆる「自賠責」の保険とはどう違うのでしょうか。自転車保険と自賠責保険の違いについてまとめてみました。「自賠責保険」ってよく聞きますが、具体的にどんな保険がご存知ですか?車やバイクの運転をしない人にはなじみが...

 
 

自転車保険に限ったことではありませんが、保険選びでは「どんなシチュエーションで補償が適用されるのか」をチェックしておくことがとても大切。例えば、仕事中に自転車を使う職業の場合、仕事中の事故は補償の対象になるのでしょうか。自転車保険別の条件をしっかり確認して、万が一に備えましょう。営業や宅配系の職種の場合、仕事中に自転車を使う方も多いことでしょう。その場合、プライベートで加入した自転車保険は適用され...

 
 

大事な自転車を、自分のうっかりミスで傷つけてしまった。経年劣化でスポークが折れてしまった。・・・こういったことはよくあるケースですが、自転車保険に加入していればその修理代もおりてくるのでしょうか。とりあえず入ってみたものの、実は知らないことだらけ!という方も多い自転車保険について、「修理代」にフォーカスして補償内容をチェックしていきましょう。あなたが入っている自転車保険、どんな時に使えるかご存知で...

 
 

保険=手続きに時間がかかるというイメージをお持ちの方も多いことでしょう。しかし、自転車を買ってすぐに、できれば乗って帰りたいという方も多いのでは?ならば自転車保険だってすぐ入れるものが理想です。自転車保険が適用されるまでにどのくらいの時間がかかるのか、すぐ入れる保険はあるのかないのか調べてみました。買ったらすぐに乗って帰りたい。でも、その帰り道に重大な事故に遭ってしまったら?万が一に備えるのが自転...

 
 

通勤や通学など日常生活でも、ふとした時に自転車事故は起こってしまいます。それが、スポーツとして自転車に乗るなら、なおさらのこと。乗り慣れない特殊な自転車で、今まで出したようなこともないようなスピードで走るとなれば、転倒のリスクも高まります。そんな時にもやっぱり自転車保険に加入しておけば安心!今回は、スポーツに特化した自転車保険について調べてみました。どんなスポーツにもケガのリスクはついてくるもの。...

 
 

「立ち止まらない保険」というキャッチ―なコピーが印象的な三井住友海上。多彩な保険商品で絶大な信頼を得ていますが、自転車保険にはどのようなプランがあるのでしょうか。どんな事故の、どんな被害を、どこまで補償してくれるの?今回は、業界大手 三井住友海上の自転車保険に注目してみました。警察庁のデータによれば、年間12万件もの自転車事故が発生しているのだとか。自分が大けがをすることもあれば、歩行者を巻き込ん...

 
 

住友生命といえば、保険業界の大手。保険料が高いというイメージもありつつも、充実した商品数や提案力に定評があります。そんな住友生命で自転車保険に入りたい!という場合はどんな商品を選んだら良いのでしょうか。そもそも、生命保険の会社で自転車保険なんて扱っているの?保険のことは、保険屋に聞け!というわけで、自転車保険のこともなじみの保険の営業さんに聞けば知っているはず。住友生命の保険に入っているなら、担当...

 
 

煩わしい手続きはほぼナシで気軽に加入できると評判の、セブンイレブンの自転車保険。ですが、メリットもあればデメリットもあります。ここでは、口コミ評判を参考にセブンイレブンの自転車保険の特徴についてまとめてみました。みなさんの家の近くにも、おそらく一店舗はあるであろうセブンイレブン。自転車保険もやってる、ってご存知でしたか?「おにぎりを買うついでに」申し込める手軽さがイイ!「保険に入る」って、なんだか...

 
 

近くて便利なセブンイレブン。自転車保険もやっていて、「入ろうかな」と思った時にすぐに申込に行ける便利さ、手軽さが人気となっています。今回は、セブンイレブンの自転車保険で家族の事故をどこまで補償できるのか、そのプラン内容を詳しく見ていきましょう。自転車といえども、対歩行者となれば恐ろしい凶器になり得るわけで。子供であっても、加害者になってしまう可能性があるのですから油断はできません。セブンイレブンの...

 
 

自転車保険に加入するからには、忘れちゃいけない更新!セブンイレブンの場合は、補償期間はどのくらいで、いつ・どんな方法で手続きすれば良いのでしょうか。イザという時に補償が受けられないという事態を避けるためにも、事前に保険期間のチェックはお忘れなく。ここではセブンイレブンの自転車保険の更新方法をまとめています。そもそもセブンイレブンの自転車保険でフォローできるのは何年なのでしょうか。最初に支払う保険料...

 
 

セコム=警備会社というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、実は保険商品を取り扱う保険会社としての顔も持っています。今話題の「自転車保険」も、もちろんカバー!ここでは、セコムの自転車保険の特徴や加入条件についてまとめてみました。住宅を守るセキュリティ対策で頼りになるセコムですが、家とは関係のない場所で起こった事故でも実は頼りになる存在なんです。そのカギを握っているのが、ある「特約」。まだつけ...

 
 

自転車事故の危険性が注目を集める中、いろんな会社から多彩な自転車保険が登場しています。そんな中、「クレジットカードのオプションで自転車事故に備える」という新しい発想で集客しているのがセゾンカードの自転車保険。ここでは、気になるその保険料や補償内容をチェックしていきましょう。スーパーなどでよく見かける、クレジットカードの勧誘。いつもはテキトーにあしらっているという方も、自転車保険の加入をお考えならち...

 
 

白いスーツ姿の内田有紀さんが出演しているCMが印象的な、ソニー損保。「損保」ですから損害保険の会社ですが、自転車の事故に特化した自転車保険はあるのでしょうか?あるとしたらその金額や特徴は?今回は、ソニー損保の自転車保険について調べてみました。CMをよく見かけるということは、保険料も高いのかな?そんな疑問もついてまわるソニー損保。自転車保険に入りたい!という場合、誰でもすぐに入れる保険商品はあるので...

 
 

自分のために、子供のために。「万が一」に備えて自転車保険への加入を検討されているなら、今契約しているケータイ電話の会社が取り扱う保険を検討してみると良いでしょう。ソフトバンクもその一つですが、他社の自転車保険と比べてどんな特徴があるのか?ソフトバンクで保険に加入した場合のメリット&デメリットを見ていきましょう。「自転車保険」と一言で言っても、会社が違えば保険料も補償も異なります。あなたは何に備えた...

 
 

自転車に乗っている以上、いつ、自分が加害者になるかわかりません。だからこそ入っておきたい自転車保険ですが、保険料が高過ぎるのでは継続できません。相場はいったいどのくらいなのか?代表的な自転車保険の相場感をつかんでおきましょう。月数千円もかかるとか、年間数万円になるとか。そんな自転車保険を家族分かけ続けていくのは大変です。安くて手厚い自転車保険の選び方のポイントとは?まずは「何に備えたいか」を明確に...

 
 

「そんぽ24」は、そんぽ24損保保険株式会社が提供している自動車用の保険です。年間の走行距離に応じて保険料が決まるため、「あまり車を使わない」「遠出しない」という方にとってはメリットの大きい保険。そんな「そんぽ24」は自転車保険としても使えるのか?使えるとしたら、その補償内容はどのようになっているのでしょうか。新年度を迎える3月、4月は、新たに自転車保険への加入を検討する方も増える時期。ですが、そ...

 
 

一般的な生命保険とは異なり、短期間で契約できるというのも自転車保険の特徴でありメリットでもあります。具体的にどんな補償内容の保険に、どのくらいの期間で加入できるのか。ここでは、短期間で契約できる自転車保険の種類や特徴について見ていきましょう。子供が自転車通学になったら検討したい、自転車保険。少額で短期間契約のものを“掛け捨て”ていくタイプの保険が主流ですが、具体的な補償内容はどうなっているのでしょ...

 
 

自転車といえども、ハンドルを握れば立派な「ドライバー」。中学生になる春は、その責任の重さを説いて聞かせるにはちょうど良いタイミングです。自転車保険への加入は、その良いきっかけになるのではないでしょうか。ここでは、中学生にオススメの自転車保険を数点ピックアップしてみました。自転車が、人の命を殺める凶器になることがある。・・・頭ではわかっていても、実感としては認識しにくい事実です。だからこそ、万が一へ...

 
 

老若男女、自転車の「リスク」に備える必要性が叫ばれている昨今。手ごろな掛け金で万が一に備えられる「ちゃりぽ」は幅広い世代から好ましい評価を受けているようです。ここでは、自転車保険・ちゃりぽの良い評判とイマイチな評判を集めてみました。商品によって補償内容に差が出る自転車保険。「ちゃりぽ」はどんな点が好評価されていて、どこが「残念!」と思われているのでしょうか。良い評判① 入院日額が高いジャパン少額短...

 
 

最終更新: 2019年6月19日自転車保険はラインナップが豊富ですが、実は「通院補償」が手厚いものは少ないようです。そこでここでは、「通院」の補償にフォーカス!手ごろな掛け金でイザという時のケガに備えられる自転車保険を3つピックアップしてみました。自転車で転んで全治数か月の骨折。そんなことになれば通院費用だってばかになりません。イザという時に困らないためにも、最低限の備えは必要です。通院補償でオス...

 
 

最終更新: 2019年6月26日健康志向の高まりと共に、自転車で通勤している方も多くなりました。自分を守りたいのか、他者を傷つけるリスクに備えたいのか、はたまた愛車を守りたいのか。・・・自転車保険は目的に応じて選び分ける必要があります。ここでは通勤におすすめの自転車保険を3つセレクトしました。一長一短あって、「完璧」な保険はないようにも思える自転車保険。これから加入するなら、どこのがおすすめ?ある...

 
 

最終更新: 2019年7月3日自転車事故で相手をケガさせてしまい、高額な賠償責任を負うというケースも出てきています。まだまだ認知度の低い自転車保険ですが、本来は自転車に乗る人全てが加入するのが理想的です。では、通勤に自転車を使う場合は誰がその保険料を支払うべきなのでしょうか。通勤中の事故に備える自転車保険について見ていきましょう。普段は全く自転車に乗らないけど、通勤だけは自転車が必要。そのような場...

 
 

最終更新: 2019年7月10日数ある自転車保険の中でも、東京海上の保険は口コミの評判も良いようです。具体的にどんなところが評価されているのか。今回は、東京海上の自転車保険「eサイクル保険」の補償内容や料金の特徴について見ていってみましょう。ネットで申し込みが完結するという点が好評の、東京海上の「eサイクル保険」。他にもこんな理由で選ばれています。目的に合わせて選び分ける3つのプラン自転車保険は、...

 
 

最終更新: 2019年7月17日各種保険には「特約」というものがあります。簡単にいえばオプションのようなもので、主契約では補いきれない部分をフォローする補償のこと。その特約が自転車保険の役割を果たしてくれるケースも多いのです。ここでは、特約と自転車保険の関係について見ていきましょう。保険会社は、基本補償にプラスαでつけられる「特約」で他社との差別化を図っているような側面があります。これから新たに自...

 
 

最終更新: 2019年7月24日都民共済とは、その名の通り東京”都民”が加入できる保険。掛け金を支払うことでお互いに助け合う、相互扶助の精神の元に成り立っている保険です。そんな都民共済にも自転車保険はあるのでしょうか?また、他社の自転車保険との差別化ポイントは?一般的な保険会社の保険は「営利」を目的としていますが、都民共済は余剰金が還元されるのが特徴。賭け金が安いことも、選べる理由の一つとなってい...

 
 

最終更新: 2019年7月31日未成年が起こした自転車事故で保護者が高額な賠償責任を負ったという事例は、みなさんも記憶に新しいのではないでしょうか。この事故を受けて自転車保険への加入を義務づける自治体もあり、世間の関心も高まっています。そんな中、日本生命が新たな商品を発売!今回は、日本生命が2018年9月に発売した新商品に注目してみました。どうせ入るなら、やっぱり大手の保険会社が販売している保険の...

 
 

最終更新: 2019年8月14日自転車保険はどれを選ぶかで補償内容がかなり違います。日本興亜の保険はどのようなニーズに対応した保険なのでしょうか。どんなケースで、誰のケガを、どこまで補償してくれるのか?今回は、日本興亜の自転車保険「サイクル安心保険」の補償内容と保険料に注目してみました。自転車保険なんてどこの保険会社のものでも大差ないと思っていませんか?実際は受けられる補償の範囲がかなり違っていま...

 
 

最終更新: 2019年8月28日青春の一幕としてよく描かれる自転車の二人乗り風景。ですが、法律的な観点から見れば完全にアウトです。では、二人乗りで事故を起こした場合、自転車保険はどうなるのでしょうか。ここでは、自転車のルールやドライバーの責任の重さを再確認すると共に、意外と知られていない子乗せ自転車と保険の関係についてもまとめていきます。自転車の二人乗りは、「なんとなくやっちゃいけない」とはわかっ...

 
 

最終更新: 2019年9月11日自転車が絡む深刻な事故も増えている昨今、「そろそろ、自転車保険を」と複数社の商品を比較・検討している方も多いでしょう。それぞれの商品に個性がありますが、日新火災海上保険㈱の自転車保険、「Joy-e傷害保険 自転車向けプラン」の特長は?今回は日新火災の保険の特筆すべきポイントをまとめてみました。自転車保険を比較するポイントは色々ありますが、大事なのは「どんな状況に」「...

 
 

最終更新: 2019年9月25日昨今の自転車事故は、「車が絡む事故に巻き込まれて(自分が)死傷する」というケースばかりではありません。自転車側が加害者になる可能性も十分あり得ること。そこで生きてくるのが、各種保険に付加できる日常生活賠償特約です。自転車保険とはどんな点が同じで何が違っているのか?日常生活賠償特約と一般的な自転車保険を比較してみました。「自転車の事故」といってもいろんな巻き込まれ方が...

 
 

最終更新: 2019年10月9日生命保険では加入に年齢制限があったりしますが、自転車保険の場合はどうでしょうか。実際にあるのだとしたら、何歳がリミットなのか?ここでは、自転車保険の一般的な年齢制限や、比較的基準の緩い自転車保険について調べてみました。高齢者ドライバーの交通事故が社会的な問題になっていますが、年齢と共にリスクが上がるのは自転車だって同じこと。万が一の備えは欲しいところですが、年齢によ...