自転車保険 日本生命

MENU

日本生命の自転車保険・まるごとマモルで親孝行!離れた親が心配なアナタに

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

未成年が起こした自転車事故で保護者が高額な賠償責任を負ったという事例は、みなさんも記憶に新しいのではないでしょうか。

 

この事故を受けて自転車保険への加入を義務づける自治体もあり、世間の関心も高まっています。

 

そんな中、日本生命が新たな商品を発売!今回は、日本生命が2018年9月に発売した新商品に注目してみました。

 

どうせ入るなら、やっぱり大手の保険会社が販売している保険のほうが安心だし、なにかとサービスも手厚いだろう。

 

・・・そんな声も聞こえてきそうですが、大手・日本生命の保険にはどんな特徴があるのでしょうか。

 

安くて手厚い!驚きのコスパ

大手企業は、なにかと商品の宣伝にお金をかけています。

 

例えば、CMに人気女優を起用したり、電車の中吊り広告をバンバン打ったり。

 

その費用を誰が負担するかというと、他でもなくその企業の商品を購入するお客さんです。

 

だから、大手の保険会社の保険料は高くなる傾向があるわけです。

 

そう考えると日本生命の自転車保険も保険料は高めだろうと思われるかもしれませんが、これが意外にもリーズナブル!

 

2018年9月に新発売した「まるごとマモル」という商品なのですが、保険料は年間1,990円、月あたりに換算すると166円。(※基本プランの場合です)

 

自転車保険の保険料の相場は300円/月前後ですから、これはかなりお安いほうだと言えるでしょう。

 

気になる補償内容は?安いけど大丈夫?

しかし、掛け金が安いということは受けられる補償もあまり期待できないのではないか・・・と心配される方も多いことでしょう。

 

では、この「月166円」のプランでイザという時にどんな補償を受けられるのかを見ていきます。

 

  • 個人賠償責任・・・無制限(日本国外は3億円)
  • 死亡保険金・・・10万円

 

つまり、この保険は他者をケガさせたり、他者の物を壊したり・・・と、自分が「加害者」になった場合を想定した保険だということ。

 

加害者になった場合は(国内であれば)無制限でフォローしますよ、という保険なのです。

 

一方で、自分がケガをしたり命を落としたりした場合についてはほとんど補償はないようなもの。

 

ですから、日本生命側としては自社で販売している他の保険とのセット加入をオススメしているようです。

 

「運行不能事故」にも対応

さらに、日本生命の自転車保険の特徴としては以下の2点も特筆すべきポイントです。

 

別居中の父母も補償の対象になる

「親が高齢になって、免許証を返納した」という話をよく耳にする昨今。

 

自動車に代わる“脚”として自転車を利用する高齢者も多いわけですが、当然、若い方に比べれば身体機能も判断力も落ちていますので事故のリスクも高くなります。

 

その点、日本生命の「まるごとマモル」は、契約した本人だけではなく①家族(配偶者、同居している親族)、②別居中の未婚の子供、そして③別居中の父母が起こした事故も補償することができるのが特徴。

 

つまりは、高齢の親がやらかした事故でも保険金が支払われるので、遠方に住んでいる子供としては入っておくと安心なのです。

 

運行不能事故も補償される

例えば、ちょっと認知や身体機能に不安をきたしている父母が、謝って線路内に入ってしまって電車を止めてしまった場合。

 

日本生命の「まるごとマモル」なら無制限で補償が受けられます。

 

これも、時代を反映しニーズをうまく汲み取った補償と言えるでしょう。

 

【まとめ】親を想う子のための自転車保険

従来の自転車保険では、本人+「子供」が起こした事故にフォーカスしたものが多かったという印象があります。

 

一方、日本生命の「まるごとマモル」は「老いた親」の事故をフォローすることに主軸を置いているのが特徴的ですね。

 

ポイントをまとめます。

 

  • 日本生命の「まるほどマモル」は保険料が安い!(月166円)
  • それでいて個人賠償責任の補償は「無制限」で太っ腹
  • 自分や子供だけではなく、自分や配偶者の親も補償対象になる

 

自転車保険は、保険会社によって内容が微妙に違っています。

 

その保険に入ることによって「誰を守りたいのか?」というのも重要な選び分けポイントですね。

 

日本生命の保険は少子高齢化の日本の「今」に照準を合わせたもので、「さすが」という感じです!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポーツ保険の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

自転車保険は家族で加入するのと金額が得になる!
auならではのユニークな自転車保険の内容とは?
損保ジャパン日本興亜の自転車保険を選ぶメリットとは?
自転車保険もコンビニで!そんな時代になりました。
子どもの自転車保険に加入する前にチェックすべきこと
日ごろ楽天を利用しない人にもオススメ!魅力ある楽天の自転車保険
あさひの自転車保険は、さすが専門店の品揃え
あいおいニッセイの自転車保険は安心できるものですが、、、
単品で加入できる自転車保険はアクサにはない
アフラックだけでは自転車保険の全てを補うことはできない
AIUで自転車保険をカバーする商品とは?
一部で高評判なauの自転車保険
朝日火災の自転車保険はイチオシ!
イオン保険マーケットで自転車保険に加入するメリットとは?
いったいいくらで自転車保険に加入できるのか?
保険料が一番安い自転車保険といえば?
イオンカード会員が加入できる自転車保険の内容は?
イオンバイクのサービスとセットで入れる自転車保険だけで大丈夫?
いつから?って自転車に乗ったら、すぐに自転車保険に加入すべき!
イーデザイン損保には自転車保険がないばかりか、、、
UCSカードの自転車保険なら加入してもいいかも
自転車保険の内容もカバーする安心のUCファミリー交通傷害保険
うつ病が自転車保険の加入を妨げる、そんなケースも
三菱UFJニコスのクレジットカードの自転車保険のメリットとは?
エースの保険は自転車保険だけを見てはいけないと思う。
自転車保険の選び方は、2種類の補償内容に注目すること
エポスカードが用意する自転車保険、そのメリットは?
補償内容で見るならeサイクルは優れた自転車保険ですが
コストパフォーマンスが良ければお得と考えた場合の自転車保険選び
今加入している保険のオプションで自転車保険に入れる?
大手の自転車保険も取扱うオリックス
格安の自転車保険を選ぶのも良いかも
自転車保険の価格だけに注目する前に、必ずやっておきたいこと
火災保険に加入しているなら自転車保険はちょっと待った!
自転車保険なら共済も忘れずにチェック!
自転車保険はキャンペーンではなく内容で選ぶ
共栄火災の自転車保険は、自動車保険の特約で充分
クレジットカード特典の自転車保険はどうなのか?
口コミの評判・評価だけで自転車保険を選ぶのは危険?
車の保険の特約で自転車保険をカバーできる?
クロスバイクに乗るなら自転車保険は車両保険も検討すべき!
車に傷、そんなアクシデントも自転車保険は対応可能?
区役所で加入できる自転車保険、肝心の保険内容は?
自分と相手の怪我、自転車保険なら両方カバー
携行品は自転車保険ではカバーできない?
県民共済の自転車保険。気になる補償内容は?
携帯電話各社が運営している自転車保険について
高齢者向け自転車保険の補償内容や金額を調べて分かった3つのコト
自転車保険は控除の対象になるのでしょうか?
高校生に自転車保険は必須!オススメ自転車保険を3つ紹介します
みんなのスポーツサイクル保険の評判を徹底的に調査!
自転車保険に個人賠償責任は必須?選び分けのポイント!
コープ共済の自転車保険で安く確実に万が一に備える!
自転車保険は購入時に入るのがベスト!その理由と定番の保険
最安の自転車保険ってどこの?保険料と補償をチェック!
サイクルベースあさひの自転車保険を検証!示談交渉サービスが心強い
埼玉県民共済の自転車保険だけだと保証が200万円だから心細いですよ
小学生の「万が一」に備える自転車保険。オススメをチェック
自転車保険として使える傷害保険は?オススメをチェック!
自転車保険も自賠責化すべき?ここが甘いよ、自転車ルール!
仕事中の自転車事故も、自転車保険で補うことはできるのでしょうか。
自転車保険で自転車の修理代も補償されるのでしょうか?
すぐ入れる自転車保険は?手軽に入れる自転車保険を探してみました
スポーツのための自転車保険。チェックしておきたい3プラン
住友海上の自転車保険の魅力3つ!ネットde保険さいくる
住友生命に自転車保険はあるの?気になる保険料と補償内容
【セブンイレブン自転車保険の評判】安いが補償が手厚く申し込みも簡単
セブンイレブンの自転車保険で家族をどこまで守れるの?
自転車保険もセブンイレブンで。更新を忘れさせない仕掛けが良い!
セコムにもあるの?
セゾンカードは、オプションで最大1億円まで補償される
ソニー損保の補償額は1億円から3億円にUP!
ソフトバンクの保険の強みと弱点
保険料の相場は?
「そんぽ24」の補償内容とは
短期間の保険の料金と補償内容
中学生向けのオススメ保険
「ちゃりぽ」の良い評判とイマイチな評判
通院補償が手厚い保険
通勤におすすめの保険
通勤中の自転車事故についての基本的な考え方とオススメ保険
東京海上の保険の特徴は?
自転車事故に備えられる特約とは?
都民共済の掛け金と補償内容
損保ジャパン日本興亜の保険はファミリー向け