自転車保険 都民共済

MENU

都民共済に入ってる?それなら自転車保険は要らないかも!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

都民共済とは、その名の通り東京”都民”が加入できる保険。

 

掛け金を支払うことでお互いに助け合う、相互扶助の精神の元に成り立っている保険です。

 

そんな都民共済にも自転車保険はあるのでしょうか?また、他社の自転車保険との差別化ポイントは?

 

一般的な保険会社の保険は「営利」を目的としていますが、都民共済は余剰金が還元されるのが特徴。

 

賭け金が安いことも、選べる理由の一つとなっているようです。

 

「自転車保険」はありません。

では、都民共済にも「自転車保険」というそのものズバリなネーミングの保険があるのか?というと、これについては「ありません」が正解。

 

その代わり、「個人賠償責任保険」という保険があります。

 

公式サイトでも目立つ場所に記載されていますので、自転車保険のニーズの高まりを意識しているのは間違いなさそうですね。

 

都民共済

 

都民共済 個人賠償責任保険
https://www.tomin-kyosai.or.jp/

 

よく見ると、「日本国内示談交渉サービスつき!」とあります。

 

これも、自転車保険でよく見るサービス。

 

過去に事故った経験上、ピンチの時に自分の代わりに相手と諸々の交渉をしてくれる人がいるか/いないかは非常に重要な選び分けポイントだと感じます。

 

保険金額は最大3億円!

では、都民共済の個人賠償責任保険でどのような保証が受けられるのか、その具体的な中身を見ていってみましょう。

 

  • 保険料

年額 1,680円(1ヵ月あたり140円)
※年齢によって保険料は変わりません。

 

  • 保険金額

3億円が限度

 

  • 補償の対象

本人と、同居している家族。別居の未婚の子(例:一人暮らししている息子)

 

一般的な自転車保険の保険料の相場は、月300円~。

 

保険料に応じて補償される金額が変わってくるという保険が多く、月々の支払がリーズナブルだと補償される金額(誰かにケガなどをさせてしまった場合に支払われる金額の上限)は1,000万円という商品もあります。

 

そんな中、都民共済は月140円で3億円まで補償されるというんですから驚きです。

 

これは、他の自転車保険と比べてかなりコスパの高い保険だと言えるでしょう。

 

都民共済に加入している方は、わざわざ他で自転車保険に加入するまでもなくこのオプションをつけることをオススメします。

 

ただし、こんな制限があります。

とはいえ、都民共済の個人賠償責任保険にも弱点が全くないわけではありません。

 

まず、自転車で事故った場合、自分がケガをしても補償の対象にはならないということ。

 

あくまでも他者をケガさせたり、他者の物を壊してしまったりした場合に限って使える補償なので、自分のケガをカバーしたいのであれば別で損害保険や生命保険に加入する必要があります。

 

また、都民共済の個人賠償責任保険に単独で入ることもできません。

 

これはあくまでも都民共済に加入している人向けの”オプション”のような扱いになりますので、自転者保険と同じ感覚でこれだけに入るということはできないのです。

 

ですから、たとえば「子供が自転車でケガをした場合、させた場合に備えたい」というなら、都民共済の「生命共済 こども型」に加入し、個人賠償責任保険を付加するのがオススメ。(0歳~満17歳まで申し込み可)

 

こども型の保険料は、1,000円~2,000円/月ですから、手ごろな掛け金でオールマイティに”万が一”に備えることができるでしょう。

 

【まとめ】コスパ抜群!月140円で“万が一”に備えることができる

以上のように、都民共済に加入中の方は「個人賠償責任保険」を付加することで万が一の自転車事故に備えることができます。

 

その特徴をまとめておきます。

 

  • 月々の掛け金は140円
  • 最大3億円まで補償
  • 自分以外の家族の事故も補償される

 

保険の見直しは、家計の見直しにもつながります。

 

余分な保険を増やしてしまうのを避けるためにも、今現在加入中の保険のオプションをチェックしてみましょう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポーツ保険の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

自転車保険は家族で加入するのと金額が得になる!
auならではのユニークな自転車保険の内容とは?
損保ジャパン日本興亜の自転車保険を選ぶメリットとは?
自転車保険もコンビニで!そんな時代になりました。
子どもの自転車保険に加入する前にチェックすべきこと
日ごろ楽天を利用しない人にもオススメ!魅力ある楽天の自転車保険
あさひの自転車保険は、さすが専門店の品揃え
あいおいニッセイの自転車保険は安心できるものですが、、、
単品で加入できる自転車保険はアクサにはない
アフラックだけでは自転車保険の全てを補うことはできない
AIUで自転車保険をカバーする商品とは?
一部で高評判なauの自転車保険
朝日火災の自転車保険はイチオシ!
イオン保険マーケットで自転車保険に加入するメリットとは?
いったいいくらで自転車保険に加入できるのか?
保険料が一番安い自転車保険といえば?
イオンカード会員が加入できる自転車保険の内容は?
イオンバイクのサービスとセットで入れる自転車保険だけで大丈夫?
いつから?って自転車に乗ったら、すぐに自転車保険に加入すべき!
イーデザイン損保には自転車保険がないばかりか、、、
UCSカードの自転車保険なら加入してもいいかも
自転車保険の内容もカバーする安心のUCファミリー交通傷害保険
うつ病が自転車保険の加入を妨げる、そんなケースも
三菱UFJニコスのクレジットカードの自転車保険のメリットとは?
エースの保険は自転車保険だけを見てはいけないと思う。
自転車保険の選び方は、2種類の補償内容に注目すること
エポスカードが用意する自転車保険、そのメリットは?
補償内容で見るならeサイクルは優れた自転車保険ですが
コストパフォーマンスが良ければお得と考えた場合の自転車保険選び
今加入している保険のオプションで自転車保険に入れる?
大手の自転車保険も取扱うオリックス
格安の自転車保険を選ぶのも良いかも
自転車保険の価格だけに注目する前に、必ずやっておきたいこと
火災保険に加入しているなら自転車保険はちょっと待った!
自転車保険なら共済も忘れずにチェック!
自転車保険はキャンペーンではなく内容で選ぶ
共栄火災の自転車保険は、自動車保険の特約で充分
クレジットカード特典の自転車保険はどうなのか?
口コミの評判・評価だけで自転車保険を選ぶのは危険?
車の保険の特約で自転車保険をカバーできる?
クロスバイクに乗るなら自転車保険は車両保険も検討すべき!
車に傷、そんなアクシデントも自転車保険は対応可能?
区役所で加入できる自転車保険、肝心の保険内容は?
自分と相手の怪我、自転車保険なら両方カバー
携行品は自転車保険ではカバーできない?
県民共済の自転車保険。気になる補償内容は?
携帯電話各社が運営している自転車保険について
高齢者向け自転車保険の補償内容や金額を調べて分かった3つのコト
自転車保険は控除の対象になるのでしょうか?
高校生に自転車保険は必須!オススメ自転車保険を3つ紹介します
みんなのスポーツサイクル保険の評判を徹底的に調査!
自転車保険に個人賠償責任は必須?選び分けのポイント!
コープ共済の自転車保険で安く確実に万が一に備える!
自転車保険は購入時に入るのがベスト!その理由と定番の保険
最安の自転車保険ってどこの?保険料と補償をチェック!
サイクルベースあさひの自転車保険を検証!示談交渉サービスが心強い
埼玉県民共済の自転車保険だけだと保証が200万円だから心細いですよ
小学生の「万が一」に備える自転車保険。オススメをチェック
自転車保険として使える傷害保険は?オススメをチェック!
自転車保険も自賠責化すべき?ここが甘いよ、自転車ルール!
仕事中の自転車事故も、自転車保険で補うことはできるのでしょうか。
自転車保険で自転車の修理代も補償されるのでしょうか?
すぐ入れる自転車保険は?手軽に入れる自転車保険を探してみました
スポーツのための自転車保険。チェックしておきたい3プラン
住友海上の自転車保険の魅力3つ!ネットde保険さいくる
住友生命に自転車保険はあるの?気になる保険料と補償内容
【セブンイレブン自転車保険の評判】安いが補償が手厚く申し込みも簡単
セブンイレブンの自転車保険で家族をどこまで守れるの?
自転車保険もセブンイレブンで。更新を忘れさせない仕掛けが良い!
セコムにもあるの?
セゾンカードは、オプションで最大1億円まで補償される
ソニー損保の補償額は1億円から3億円にUP!
ソフトバンクの保険の強みと弱点
保険料の相場は?
「そんぽ24」の補償内容とは
短期間の保険の料金と補償内容
中学生向けのオススメ保険
「ちゃりぽ」の良い評判とイマイチな評判
通院補償が手厚い保険
通勤におすすめの保険
通勤中の自転車事故についての基本的な考え方とオススメ保険
東京海上の保険の特徴は?
自転車事故に備えられる特約とは?
日本生命が発売した新商品の特徴は?
損保ジャパン日本興亜の保険はファミリー向け