自転車保険 特約

MENU

自転車保険は「特約」で十分かも?保険の断捨離で余分な出費を抑えよう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

各種保険には「特約」というものがあります。

 

簡単にいえばオプションのようなもので、主契約では補いきれない部分をフォローする補償のこと。

 

その特約が自転車保険の役割を果たしてくれるケースも多いのです。

 

ここでは、特約と自転車保険の関係について見ていきましょう。

 

保険会社は、基本補償にプラスαでつけられる「特約」で他社との差別化を図っているような側面があります。

 

これから新たに自転車保険への加入を検討されている方は、まずはすでに入っている保険の内容を見直してみましょう。

 

契約している保険の特約をチェックしてみよう

自分では忘れているかもしれませんが、すでに契約している保険の「特約」が自転車保険の役目を果たしてくれるかもしれません。

 

例えば、「事故で加害者になってしまった場合に備えて自転車保険に入りたい」という目的がある場合。

 

今すでに契約しているクルマの保険で、「個人賠償責任特約」をつけていませんか?

 

もし付帯しているようであれば、わざわざ新たに加入しなくても大丈夫。

 

自転車の事故で法律上の賠償責任を負ってしまった場合にはその特約が使えます。

 

さらに、「弁護士費用特約」もついているようであれば、自転車の事故で被害者になってしまった場合に損害賠償請求をするためにかかった弁護士費用も補償されます。

 

子供の事故に備えたい時は?

「自分の子供が自転車で誰かにケガを負わせてしまった場合に備えたい」

 

ということで子供用に自転車保険に加入する場合にも、すでに入っている保険の見直しは必要です。

 

例えば幼稚園や小学校だと、年度の初めに学校から総合保障制度の案内&申込用紙をもらってきたりすると思います。

 

我が家は、AIG損害保険㈱の「こども総合保険」という保険に加入しています。

 

保険料は年間7,680円のものを選択。

 

特約として個人賠償責任もついていて、最大で1億円まで自己負担なしで支払われる契約となっています。

 

また、【セットされる特約】として自転車総合保険も入っているので、わざわざ単独で自転車保険に新規加入する必要はないというわけ。

 

ただし、金額に注意!

とはいえ、個人賠償責任補償の金額は保険によってかなり違います。

 

各社の自転車保険を比較してみても、「上限1,000万円」としている保険もあれば、1億、2億円、5億、無制限という保険もあるんですよ。

 

特約を確認する場合は、この金額も要チェックですね。

 

昨今の自転車保険ブームの背景には、「未成年が自転車事故で加害者になり、その親が1億円近い賠償責任を課せられた」という判例があります。

 

「自転車の事故なんてクルマに比べたらたかが知れているだろうし、個人賠償責任補償は1000万円でも十分だろう」という感覚でいる方もいらっしゃるかもしれませんが、自転車事故であっても最悪、相手の方が亡くなってしまうことはあります。

 

ぜひ、軽く考えずに十分な備えをしておくことをオススメしたいです。

 

【まとめ】保険ビンボーにならないために、保険の内容をブラッシュアップしよう

世の中的には「断捨離」がブームになっていますが、それはモノに限ったことではありません。

 

「お付き合いで」「勧められたから」「なんとなく必要だと思ったから」・・・そんな理由でいくつもの保険に入っていると特約の内容が重複してしまうのはよくあること。

 

自転車保険も然りで、わざわざ入り直す必要はないのかもしれません。

 

以下に、見直しのポイントをまとめます。

 

  • 他の保険の特約で「個人賠償責任補償」が付帯していないかどうか確認しよう
  • 子供が入っている保険(学校関係は特に)を見直してみよう
  • 補償の上限金額を必ず確認しよう

 

小さなお子さんがいるご家庭であれば、これから習い事やら教育にお金がかかる時期です。

 

保険料を重複して支払って銭失いとなるのはもったいない!

 

特約をブラッシュアップして、賢く、しかし確実に”万が一”に備えましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

スポーツ保険の総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

自転車保険は家族で加入するのと金額が得になる!
auならではのユニークな自転車保険の内容とは?
損保ジャパン日本興亜の自転車保険を選ぶメリットとは?
自転車保険もコンビニで!そんな時代になりました。
子どもの自転車保険に加入する前にチェックすべきこと
日ごろ楽天を利用しない人にもオススメ!魅力ある楽天の自転車保険
あさひの自転車保険は、さすが専門店の品揃え
あいおいニッセイの自転車保険は安心できるものですが、、、
単品で加入できる自転車保険はアクサにはない
アフラックだけでは自転車保険の全てを補うことはできない
AIUで自転車保険をカバーする商品とは?
一部で高評判なauの自転車保険
朝日火災の自転車保険はイチオシ!
イオン保険マーケットで自転車保険に加入するメリットとは?
いったいいくらで自転車保険に加入できるのか?
保険料が一番安い自転車保険といえば?
イオンカード会員が加入できる自転車保険の内容は?
イオンバイクのサービスとセットで入れる自転車保険だけで大丈夫?
いつから?って自転車に乗ったら、すぐに自転車保険に加入すべき!
イーデザイン損保には自転車保険がないばかりか、、、
UCSカードの自転車保険なら加入してもいいかも
自転車保険の内容もカバーする安心のUCファミリー交通傷害保険
うつ病が自転車保険の加入を妨げる、そんなケースも
三菱UFJニコスのクレジットカードの自転車保険のメリットとは?
エースの保険は自転車保険だけを見てはいけないと思う。
自転車保険の選び方は、2種類の補償内容に注目すること
エポスカードが用意する自転車保険、そのメリットは?
補償内容で見るならeサイクルは優れた自転車保険ですが
コストパフォーマンスが良ければお得と考えた場合の自転車保険選び
今加入している保険のオプションで自転車保険に入れる?
大手の自転車保険も取扱うオリックス
格安の自転車保険を選ぶのも良いかも
自転車保険の価格だけに注目する前に、必ずやっておきたいこと
火災保険に加入しているなら自転車保険はちょっと待った!
自転車保険なら共済も忘れずにチェック!
自転車保険はキャンペーンではなく内容で選ぶ
共栄火災の自転車保険は、自動車保険の特約で充分
クレジットカード特典の自転車保険はどうなのか?
口コミの評判・評価だけで自転車保険を選ぶのは危険?
車の保険の特約で自転車保険をカバーできる?
クロスバイクに乗るなら自転車保険は車両保険も検討すべき!
車に傷、そんなアクシデントも自転車保険は対応可能?
区役所で加入できる自転車保険、肝心の保険内容は?
自分と相手の怪我、自転車保険なら両方カバー
携行品は自転車保険ではカバーできない?
県民共済の自転車保険。気になる補償内容は?
携帯電話各社が運営している自転車保険について
高齢者向け自転車保険の補償内容や金額を調べて分かった3つのコト
自転車保険は控除の対象になるのでしょうか?
高校生に自転車保険は必須!オススメ自転車保険を3つ紹介します
みんなのスポーツサイクル保険の評判を徹底的に調査!
自転車保険に個人賠償責任は必須?選び分けのポイント!
コープ共済の自転車保険で安く確実に万が一に備える!
自転車保険は購入時に入るのがベスト!その理由と定番の保険
最安の自転車保険ってどこの?保険料と補償をチェック!
サイクルベースあさひの自転車保険を検証!示談交渉サービスが心強い
埼玉県民共済の自転車保険だけだと保証が200万円だから心細いですよ
小学生の「万が一」に備える自転車保険。オススメをチェック
自転車保険として使える傷害保険は?オススメをチェック!
自転車保険も自賠責化すべき?ここが甘いよ、自転車ルール!
仕事中の自転車事故も、自転車保険で補うことはできるのでしょうか。
自転車保険で自転車の修理代も補償されるのでしょうか?
すぐ入れる自転車保険は?手軽に入れる自転車保険を探してみました
スポーツのための自転車保険。チェックしておきたい3プラン
住友海上の自転車保険の魅力3つ!ネットde保険さいくる
住友生命に自転車保険はあるの?気になる保険料と補償内容
【セブンイレブン自転車保険の評判】安いが補償が手厚く申し込みも簡単
セブンイレブンの自転車保険で家族をどこまで守れるの?
自転車保険もセブンイレブンで。更新を忘れさせない仕掛けが良い!
セコムにもあるの?
セゾンカードは、オプションで最大1億円まで補償される
ソニー損保の補償額は1億円から3億円にUP!
ソフトバンクの保険の強みと弱点
保険料の相場は?
「そんぽ24」の補償内容とは
短期間の保険の料金と補償内容
中学生向けのオススメ保険
「ちゃりぽ」の良い評判とイマイチな評判
通院補償が手厚い保険
通勤におすすめの保険
通勤中の自転車事故についての基本的な考え方とオススメ保険
東京海上の保険の特徴は?
都民共済の掛け金と補償内容
日本生命が発売した新商品の特徴は?
損保ジャパン日本興亜の保険はファミリー向け